1. ホースライディング(乗馬)(Horse riding)ホースライディングのクチコミ情報

     一番人気のルビコンバレーのホースライディングに私も挑戦しました。体験された方は皆大満足で帰ってこられるので私も一度挑戦してみたいとずっと思っていました。ちょっと風が強く、雨が少し降っていたので、雨があたるのが嫌いなアロー君(馬の名前)は落ち着かない様子でちょっと怖かったのですが、少しづつ慣れてきて、周りの景色を見る余裕が出て、楽しく充実した2時間を過ごすことができました。大草原の中、羊がたわむれる中を歩いたり、丘を上ったり下ったりと初心者でも経験者でも満足することができるのではないかと思います。乗馬経験者の方は草原の中を走らせてくれていましたよ。ホースライディング付のファームステイもあります。→ファームステイ体験談はこちら

    ★ルビコンバレーでのホースライディング 最小遂行人数2名様以上

    Sapporokiwis予約代行可

    乗馬とともに景色も堪能できる!馬のアロー君です。(写真 by F)

    馬に乗りながら絶景が眺められる

    ニュージーランドの大自然の中での乗馬、ホースライディング

    羊さんの群れの中でホースライディング

    ニュージーランドの大自然の中での乗馬、ホースライディング

    小川や丘なども


  2. ファームショー(Farm show) →ファームショーのクチコミ情報

     羊へのえさやり、ボーダーコリー(一人前になるのに2年の修行が必要だとか)による羊追いショー、羊選別体験、バリカンでの羊の毛刈り、そして体験したい人にはハサミでの毛刈体験をさせてくれました。最後には手作りスコーンとティーがサービス。アルパカもいますよ。このアルパカ、実はとっても高いようで、もっぱら毛のために飼われているようです。(肉にするには高級すぎるそうです。)

    ★上記ホースライディングとのセット 最小遂行人数2名様以上 日帰り可

    Sapporokiwis予約代行可

    ファームショーのクリスさんとアルパカとハイチーズ

    アルパカとハイチーズ

    このボーダーコリーたちはオーナーのいう事しか絶対に聞きません。

    ボーダーコリーによる羊追いショー

    タイも羊の毛をハサミでちょきちょき。

    ハサミで毛狩り体験


  3. イルカと一緒に泳ぐ(Swimming with Dolphins)→ドルフィンスイミングのクチコミ情報

     アカロアでドルフィンと一緒に泳ぐツアー(約3時間)に参加したことがあります。船で沖のほうまで連れていかれ、そこから海に入ります。ウエットスーツを着て波にぷかぷか浮かびながら泳いでくるドルフィンが間近で見られます。実は波が少々怖かったのですが、近づいてくる野生のイルカを見ることができたのは感激でした。波が怖い方は浮き輪を貸してもらうといいと思います。(子供は浮き輪でぷかぷか浮きながらみていました)

    ★クライストチャーチから日帰り可


  4. ホエールウォッチング(Whale watching)

     カイコウラでのホエールウォッチング→鯨は海面にでたり潜水(約40分間)したりを繰り返しているのですが、ホエールウォッチングではちょうど海面にでてもぐる瞬間を見ることができます。船の中では鯨の説明、鯨の声を聞かせてくれ、姿をあらわずだろうと予測される場所をキャッチし、その近くに船を近づけます。体全体が海面にではしないのですが、潮を吹くところは見えます。ラッキーであればアルバトロス、イルカ、オットセイなども見れます。貴重な経験なのですが、船酔いしやすい人は要注意!!クライストチャーチから日帰り可

    ★クライストチャーチからシャトルバス運行 ホエールウォッチングバスツアー有(クライストチャーチからの送迎、ホエールウォッチング、シールコロニー見学、ワインテイスティング付)

    海面にでてきた鯨

    海面に姿を出し

    もぐる瞬間の鯨

    →もぐる瞬間の鯨

    アルバトロス(アホウドリ)羽をひろげると3mくらいになるらしい

    アルバトロス 奥に見えるのは普通サイズのカモ

    ブログでご報告2011/9/5


  5. イルカが見れるハーバークルーズ(Harbour Cruise)→ハーバークルーズのクチコミ情報

    イルカが見れる代表的なクルーズをやっている場所は近場ではリトルトン、少し離れるとアカロア、(カイコウラ)があります。私が実際に体験したのはアカロアハーバークルーズ(約2時間、$49)10分くらい陸から離れると世界でもっとも小さいといわれるイルカ達が寄ってきました。ジャンプをしたり近づいたり離れたりと。かわいいイルカ達のジャンプを写真に収めようと試みたのですがやはり難しかった。そしてイルカ達との戯れの後また数十分沖のほうにボートを移動させます。すると2頭等のアザラシが・・・ケンカをしていました、それも長い間。その後負けたと思われるアザラシがすごい勢いで泳ぎ去っていきました。

    ★クライストチャーチから日帰り可

    アカロアハーバークルーズから見たかわいらしく寄ってくるイルカたち

    イルカがちか星空ツアーがここで行われる

    クルーズ

    野生のアザラシ


  6. 星空ツアー(Star gazing)(テカポ)→星空ツアーのクチコミ情報

     テカポの星空は世界遺産となるか?今まで多くのゲストの方を星空ツアーに見送ってきましたが、参加したことがなかった私、そしてついに参加するチャンスがめぐってきました。しかし、この日は日中からかなりの強風。昼に星空ツアーが行われるMt. Johnに登ると、飛ばされそうになるくらいの風の強さ。夜までに風が止んでくれればと願いましたが、願いは届かずMt.Johnでのツアーは強風のためキャンセル、別の場所でのツアーに変更となりました。ツアー出発前は満点の星空だったので、例え場所はMt.Johnじゃなくても星空さえよければと思いツアー参加を決意しましたが、なぜかツアーが始まるころくらいからあついーい雲が押し寄せてくる。せっかくずっと参加したいと思っていた星空ツアーが〜。最高の星空ではありませんでしたが、日本人のガイドさんの星の説明は楽しく、お月さんや土星や星を大きな望遠鏡で見せてもらえ、楽しいツアーとなりました。しかし、少し心残りがありましたね。天気だけはどうすることもできず。ちなみにツアー参加前に滞在先近くで見た星空はもうなんとも言いようがない満点の星空。オリオン座の中にはこんなに星があるのか〜というくらいの星の数。すごい!としかいいようがない。これをMt.Johnの上で見られたら最高だったのでしょうね。星空は天気に左右されるので、わざわざ日本から星空目当てに来られてもキレイな星空を必ず見られるとは限りません。これも100%保証されるものではありませんが、我が家にステイされる方にオススメしている方法として、NZ到着前に星空ツアーの日程を決めるのではなく、クライストチャーチに到着後に天気予報とにらめっこしながらツアー参加日を決めます。天気予報はあまり先の話だと、ころころ変わるので、よさそうだと思ったらすぐに予約をし、出発!(テカポまでのシャトルバスは遅くても前日までの予約が必要)そしてあとは運を天に任せます。テカポでの外泊は1泊見ておくより、2泊くらいの余裕をもっておいたほうが確立が高まります。お月さんが大きくないほうが星空を見るのにはいいです。NZのお月さん、馬鹿にできないくらいとても明るいので。今回の私たちのテカポ滞在は、天気を見てではなく、いろんな都合に合わせたスケジュールだったので、ちょっと残念な結果となってしまいました・・・。テカポまで行けない方はローソン家の星空ツアーをお楽しみ下さい。(タダです♪)クライストチャーチでも天の川や南十字星は年中見る事ができますよ。

    ★夜のツアーですのでその日にクライストチャーチにもどってくるのは無理です。最低1泊は必要です。

    星空ツアーが行われるマウントジョン観測所

    星空ツアーがここで行われる

    マウントジョン山から見たテカポ湖、昼でも結構綺麗でしょう。

    マウントジョン山頂から見たテカポ湖

    テカポの満天の星空

    ゲストの方からのテカポの星空の写真です。こんな星空に出会えるかな

    ※はたして満天の星空に出会えるか→ブログでご報告2013/5/10


  7. ロードオブザリングツアー(Lord of the rings edoras tour)ロードオブザリングツアーのクチコミ情報

     ロードオブザリングが好きな方にはとても魅力のあるツアーでしょう。第2話、第3話で登場する村があったエドラスの丘(マウントサンディー)を訪れるクライストチャーチ発着の日帰りツアーです。一般の人はその丘に入ることはできません。そのツアーではオフロードの車にのり(途中ピクニックランチをいただき)、小川の中を走りぬけ、丘のふもとまで行きます。そこからは自分の足でその丘に登ります。だいたい15分くらいですからそれほどたいへんではないでしょう。丘の上にのぼったら360度見渡せる景色を堪能ください。「さすがこのすばらしい場所をロケ地として選んだ」とこの監督にあっぱれです。丘の上ではこの場所でこのシーンを撮った、ここに何があった等といろいろと説明してくれます。また小道具や旗を持って写真を撮ることもできます↓。今回のこのドライバーさんはこの監督に昔先生をしていたという方で、映画関係のことはとても詳しく、ロードオブザリングの映画のいろんな裏話を聞かせてくれました。帰りの車の中ではずっと映画のワンシーン、インタビューなどのDVDをずっと流してくれていました。実はこの映画を見たことがない私達。でもニュージーランドの景色やお話を楽しむという点では十分に楽しむことができましたよ。

    ★クライストチャーチから日帰り可 1日ツアー

    ロードオブザリングツアー

    旗を持ってハイチーズ(9月)

    ロードオブザリングの世界!

    That's ロードオブザリング(8月)

    ロードオブザリングス エドラスの丘

    エドラスの丘、ここにのぼります(12月)


  8. 小型飛行機で遊覧飛行(Air Safaris)→エアサファリのクチコミ情報

     小型飛行機からのマウントクック。Andrewが挑戦しました。一面の雪山。すばらしい色のテカポ湖プカキ湖。感動の一言だったらしいです。(私は怖くて乗れないでしょう・・・) 我が家にホームステイをしたNaoki君もこの小型に飛行機に乗り、写真を提供してくれました。この湖の色、すごいでしょう!!

    ★クライストチャーチから日帰り可

    これがAndrewが乗った小型飛行機

    これがAndrewが乗った小型飛行機

    テカポ上空を小型飛行機で

    マウントクックに近づく(10月)

    このありえない色(写真by Naoki)

    このありえない色!


  9. ジェットボート(Jetboard)→ジェットボートのクチコミ情報

     私はクイーンズタウンでのジェットボートを体験したことがあります。最初は怖そうで躊躇していたのですが、(ジェットコースターは苦手)意外と怖くなく、そのスピード感、水しぶき、川渕すれすれを走るスリル感がとても楽しめました。それほど激しくない、誰でもトライできそうなアクティビティとしてお勧め。

    ★クライストチャーチから日帰り可

    ジェットボート

    スリル満天ジェットボート

    ジェットボート

  10. ラフティング(Raftingラフティングのクチコミ情報

     急流下り。アップダウンを繰り返しながら下っていく。川に振り落とされることもあり!また、崖からのジャンプを経験させてくれます。私にはちょっと怖すぎるなあ。

    ★クライストチャーチから日帰り可


  11. バンジージャンプ(Bungy Jamp)バンジージャンプのクチコミ情報

     アクティビティとしてのバンジージャンプはニュージーランドが発祥の地。以前は足に太いゴムを縛りつけただけの状態で橋の上からジャンプでしたが、今は安全強化のため、腰巻に変わっています。アンドリューは昔、クイーンズタウン(Kawarau Bridge Bungy 43m)とオーストラリアで計3回経験しています。飛ぶまではやはりかなりの恐怖感があるらしいです。とんでしまうと平気らしいのですが。クライストチャーチから日帰りでできるバンジージャンプといえばハンマースプリングスにあるThrillseekers Bungy(35m)です。我が家にホームステイをした人の中からついにバンジージャンプ経験者がでました!女性の方も飛んでいますよ。

    ★クライストチャーチから日帰り可

    ニュージーランドハンマースプリングスのバンジージャンプ

    行くよ〜

    ニュージーランドハンマースプリングスのバンジージャンプ

    行った〜

    ニュージーランドハンマースプリングスのバンジージャンプ

    飛んだ〜

    ニュージーランドハンマースプリングスのバンジージャンプ

    安堵の笑みが

    ニュージーランドハンマースプリングスでのバンジージャンプ

    この橋からバンジージャンプ


  12. スカイダイビング(Skydivingスカイダイビングのクチコミ情報

     スカイダイビングとは飛行機で空を昇り、そこから飛び降り、途中パラシュートが出て地上に降りるもの。もちろん初心者の人はインストラクターと一緒に降ります。これも昔、Andrewが経験しています。これもついに我が家でホームステイした人から体験者が出ました。飛行機に乗っている間は怖くて帰りたくなったそうです。しかし、飛んでいる間は恐怖心は全くなかったと言っておりました。やったほうがいいと勧められましたが、私はやはり遠慮しておきます・・・。うちにホームステイした女性の方が続々とトライしています。皆度胸がある!!

    ★クライストチャーチ日帰り可

    12000フィートからのスカイダイビング!これはクイーンズタウンでのスカイダイビング

    鳥になってみたい方はぜひどうぞ(クイーンズタウン)

    スカイダイビング 小型飛行機

    これから飛びます〜

    スカイダイビング クライストチャーチ

    飛んだ〜(クライストチャーチ)


  13. 気球(Hot air balloon気球のクチコミ情報

     まだあたりは真っ暗な中、朝5時半頃にCityを出発。なぜこんなに早く出発するかというと、朝日を気球から眺めるためです。この朝日を見た瞬間、きっと早起きしてよかったーと思うでしょう。飛行時間約45分。気球から見た朝日、雪山、遠くまで広がるカンタベリーの平野はずっと記憶に残ることでしょう。

    乗る人全員で準備をし、最後は気球を折りたたんでしまうそうです(写真 by Yukiko)

    どんどん気球に熱風を送り込む

    朝はかなり寒いけど、飛行中は熱風があるため、暖かいといいます(写真 by Yukiko)

    とんだー!!

    朝日が見えた。早く起きてよかった〜。(写真 by Yukiko)

    気球から朝日を。これを見るために早起きを!


     
  14. ワイナリーツアー(Winery Tour)ワイナリーツアーのクチコミ情報

     ワインが有名なニュージーランド。このツアーは数ヶ所のワイナリーを巡り、おいしいいろんな種類のワインを飲むことができるワイナリーツアーです。十分にたっぷりとワインと飲ませてもらえるので、ワイン好きには最高かも!しかし、飲みすぎにはご注意を!最初のワイナリーではランチがついています。

    ★クライストチャーチから半日ツアー 遂行人数2名以上 以前はSapporokiwisからの予約代行しておりましたが、最少遂行人数が集まらないことが多かったため、残念ながら予約代行中止いたしました。

    ワイナリー

    ワインがたくさん!

    ワイナリーでのランチ

    ワイナリーでのランチ

    ここで太陽の光をたっぷり浴びてぶどうが育てられます

    ここでぶどうが育てられます


  15. 市内観光バスツアー(Discover Christchurch)クライストチャーチ市内観光ツアーのクチコミ情報

     City Highlights Tour(約1時間):ハグレーパーク、植物園、アートギャラリー、新・旧大聖堂等シティ中心部をぐるっと周ります。イギリス風の2階だてバスにてご案内。

     Discover Christchurch(約2時間):上記シティ内ツアーに加え、サムナビーチ、ポートヒルズ、モナベイル等

    クライストチャーチ市内観光バスツアー、リカトンブッシュ、サムナビーチなど

    2階だてバスでちょっとイギリス気分


  16. トランツアルパイン号+ジェットボード+4WDドライブ(Alpine Safari)

     ニュージーランドを満喫する盛りだくさんのツアーです。ジェットボート→4WD車でスリリングなオフロードドライブ→カフェにてランチ→アーサーズパスからトランツアルパイン号にて景色を味わいながらクライストチャーチへもどると1日たっぷりとニュージーランドの景色やスリルを楽しめます。ツアー時間約10時間


  17. 日本語ガイド!市内観光ツアー(Citytour)→日本語ガイド市内観光ツアーのクチコミ情報

     クライストチャーチ市内の名所、せっかくのビューポイントを英語で説明されてもわからない〜という方にはとても嬉しいツアー、日本語ガイドさんがご案内。時間を有効活用し、市内観光をつまみぐい。観光中心プラン、お庭が好きな方はお庭中心プラン、個人の御宅なども盛りいれたプラン等、また、送迎も我が家又はホームステイ先までしてくれる等、フレキシブルに対応してくれます。所要時間約4時間 料金は人数によりますのでご相談下さい。 また、遠出プランとしてテカポ湖、マウントクック、アカロアなど人数が集まるとお得に楽に観光&移動可能です。まずはお問い合わせを。

    Sapporokiwis予約代行可

    クライストチャーチ市内観光ツアー

    ビクトリア広場地震前 市民の憩いの場所だった広場です。今でもお花はたくさん植えられています。

    クライストチャーチ市内観光ツアー

    ニューブライトンビーチ 眺めがとってもいいです

    クライストチャーチ市内観光ツアー

    モナベイル 昔の個人宅でいろとりどりのお花が咲いています。

     
  18. 日本語ガイド!ワイナリーツアー (Japanese Winery Tour)→日本語ガイドワイナリーツアーのクチコミ情報

     今までワイナリーツアーは最少遂行人数2名以上でご紹介しておりましたが、こちらは専用車で最少遂行人数1名様なので更に気軽に参加可能になりました。日本語ガイド付きなのでいろんな裏話も聞けるかも。ワイパラでのワイナリー3箇所めぐり。

    Sapporokiwis予約代行可

    日本語ガイド、クライストチャーチ近郊ワイナリーツアー

    テイスティングしながらワインが選べます

    日本語ガイド、クライストチャーチ近郊ワイナリーツアー

    ペガサスベイのワイナリー

    日本語ガイド、クライストチャーチ近郊ワイナリーツアー

    ワイン蔵


  19. Rebuild ツアー→Red tourのクチコミ情報

     長い間レッドゾーンとして立ち入り禁止だった区域がほぼ解除されました。今までそのRed Zone内をめぐっていたRed Zone Tourが様変わりをしてRebuild Tourとして新たに誕生しました。地震に関する内容やこれからかわっていくクライストチャーチの内容を組み込みながらのCity中心部のツアーとなりました。

    所要時間90分 $29(2014年9月現在)


  20. ボランティア活動(Volunteer work)→フラワーフェスティバル ボランティアのクチコミ情報

     ニュージーランドで働くためにはもちろんワークビザ、ワーキングホリデービザ等の「働くことができるビザ」が必要です。しかし、ボランティア活動は働くことができるビザがない観光ビザでも参加することができます。ただし、これは一切の報酬を伴わないボランティア活動ということが条件です。ちなみに、よくある労働をする代わりに宿泊代や食事代が無料になる「エクスチェンジ」ですが、ここニュージーランドでは働けるビザ(ワークビザ、ワーホリビザ等)なしでの参加は違法となりますので気をつけましょう。観光ビザではエクスチェンジはできません。

     2014年、フラワーフェスティバルの準備としてボランティア活動に参加した方がおりましたのでご紹介します。クライストチャーチで有名なフラワーフェスティバルに自分が手がけた作品が展示されるだなんてとてもいい経験になるでしょうね。

    ※現在フラワーフェスティバル休止中

    フラワーフェスティバル クライストチャーチ ボランティア

    これらの動物たちはまずナーサリー(植木屋さん)で事前に作られます。

    フラワーフェスティバル クライストチャーチ ボランティア 

    はさみでチョキチョキと形を整える

    フラワーフェスティバル クライストチャーチ ボランティア 

    キリンさん完成!

    フラワーフェスティバル クライストチャーチ ボランティア

    フェスティバル直前に会場に移動

    フラワーフェスティバル クライストチャーチ ボランティア

    大聖堂前のオブジェ前では花壇づくり

    フラワーフェスティバル クライストチャーチ ボランティア

    お花を植えていきます


  21. 料理教室(Cooking Class)→お料理教室のクチコミ情報 New!

     海外に来たのですからその国その国の食べ物や料理を食べ、作り方を学んでみるのもおもしろいでしょう。そういった点ではホームステイは最適な場所で、ホストファミリーと一緒に料理をしたり、教えてもらったりするといい経験になるでしょう。今回は地元のCooking Classに参加してスウィーツを作ってきた方がおりましたのでご紹介します。たんまりとCooking Classで作ったデザートをおみやげに持ち帰り、私たちも一緒に楽しませていただきました!ニュージーランドのスウィーツと言えばとっても甘そうですが、これらは意外と日本人の口にも合うちょうどよい甘さでとってもおいしかったです。(Strawberry fare Baking school)

    お料理教室

    おいしそうなデザートいっぱい作りました。おみやげもたくさんもらってきました。

    クッキングクラス

    皆で一緒に一つのものを作るのではなく、各自自分のものを作るスタイル。何種類ものケーキを作りました。

    お料理教室

    ちょっとしたおつまみ付き


  22. ラグビー観戦(Watching Rugby)→ラグビー観戦のクチコミ情報

     ちょうどステイ期間にラグビーの試合が重なっていたら本場のニュージーランドでラグビー観戦するというのはいかがでしょうか。クライストチャーチ本拠地とするクルセイダーズ(Crusaders)の試合やニュージーランドのナショナルチームのオールブラックス(All Blacks)の試合が見られます。ただ、ラグビーは冬のスポーツなので夏時期には試合はありません。夜の試合が多く、しかも外での観戦なので半端なく寒いです。防寒具はしっかりと。

    ラグビー観戦 クルセイダーズ

    2012年のクルセイダーズの試合

    ラグビー観戦 クルセイダーズ

  23. ローソン家の星空ツアー(Star Watching)→ローソン家の星空ツアーのクチコミ情報

     テカポの星空ツアーは有名です。しかし、天候に左右されるので、ちょうどテカポに行った日に満点の星空が見られるとは限りません。テカポの星空には負けますが、クライストチャーチでも雲さえなければ綺麗な星空が見られるので、テカポまで行く時間がない方は一緒にクライストチャーチの星空を眺めてみましょう。そんなに星空には詳しくないですが、年中見られる天の川、南十字星の位置は教えられます!運が良ければ流れ星も見えますよ。雲がなくて月が小さい夜はいいチャンス!


  24. Mt.Huttでの楽々スキー/ボードパック(Ski&Board)→Mt.Huttのクチコミ情報

     クライストチャーチから一番近いスキー場でニュージーランドスキー&ボードを楽しみませんか。我が家からスキー場までの送迎、すべてのレンタルが付いているので特別に日本から用意する必要はありません!こちらに到着後にスキーでもしてみようかな?と思いつきでも手ぶらでスキー&ボードが気軽に楽しめちゃいます。

     我が家からMt.Huttまでは約2時間。家を出発するのが朝の7時ころ、帰ってくるのが夕方6時頃です。通常6月スキー場オープン、10月半ば頃クローズです。

    @クライストチャーチからMt. Huttスキー場までの送迎

    A1日リフト券

    Bスキーセットあるいはボードセットレンタル

    送迎とリフト券だけのパック又はレンタル付のパックもあります。

    マウントハットスキー場

    景色が綺麗〜でもこの年は暖かく雪解けが早かった。(9月末)

    マウントハットスキー場

    ゲレンデマップ

    マウントハットスキー場

    9月末