不安なワーホリ生活の最初のステップをサポート♪

ワーホリサポートホームステイ

 ニュージーランドにワーキングホリデー(ワーホリ)に来ることを決めたけど、個人で準備しようか、エージェントを通して準備をしようかと迷われている方いらっしゃるのでは?個人で準備する場合はすべて自分で英語で調べたり手配するのは大変ですし、右も左も分からないニュージーランドに飛び込むのはかなり勇気がいることでしょう。エージェントを通すと多額な料金、やはり予算が・・・そこでSapporokiwisホームステイをニュージーランドのワーキングホリデーライフの最初のステップの場として利用していただければと思い、リーズナブルな料金でとワーキングホリデー向けサポートホームステイを始めることにしました。留学エージェントとは違う、ホームステイをして一緒に住むからこそできるニュージーランドライフに密着したサポート。サポート内容はすべてホームステイ料金に含まれていますので、追加手数料は一切かかりません。「すべてあなたのかわりにやってあげる」ことはしませんが、ワーキングホリデーライフが少しでもスムーズにいくよう、少しでも自信を持って生活できるよう、自分の力でワーホリに飛び込むバックアップ をしてあげられたらと願っています。

★英会話レッスン付!ワーホリ用サポートホームステイは次のステップで

  1. 最初の1、2週間をローソン家のホームステイで過ごし、日本語と英語でいろいろと情報入手
  2. 少し慣れたころに我が家でご紹介しますKiwi宅ホームステイで英語環境に慣らす。
  3. その後は自分の力でワーホリ生活がスタート。
  4. 我が家を出た後もニュージーランドのより所と思って心配なことがあったらいつでも相談してください。ホームシックにかかりそうになったら、心細くなったらいつでも我が家に遊びに来て下さいね。

★ワーホリ用サポートホームステイ条件

  • ニュージーランドのワーキングホリデービザ保持者。
  • ご予約は3週間(21泊)以上、6週間(42泊)まで(1週間単位)
  • ローソン家ホームステイを1~2週間、Kiwi宅ホームステイを1~5週間(尚、多忙時期1月~3月はローソン家ステイを1週間、残りをKiwi宅ステイでお願いします。)
  • それ以上の期間をご希望の場合は、ご相談ください。

★料金に含まれるもの

  • クライストチャーチ空港までのお迎え
  • 食事は1日2食付(ローソン家ステイの場合の日曜の夕食はついておりません。)朝食/セルフサービスでパン、シリアル、果物、ヨーグルト、チーズ、飲み物等をどうぞ 夕食/ご用意します。
  • ローソン家にステイ中、1回分(1時間)のプライベート英会話レッスン付(それ以上をご希望でしたら1時間$35でレッスン受講可。)
  • さまざまなサポート、アドバイス(以下参照)

★ワーホリ用サポートホームステイ料金

 $550/週(1週間単位の料金です。日割料金はなく、外泊される場合でも割引は有りません。)

TOPへ戻る

★具体的にどんなサポート?★

 ワーホリ生活の基盤になる基本的なニュージーランドの生活のこと、食のこと、ワーホリ生活スタートに必要な銀行開設やIRD登録などのご相談、お手伝い致します。

★ワーキングホリデーで来る前に用意したほうがいいもの一例★

  • 家族、友人、現在住んでいる家や街、これは海外にはないだろうと思われるものの写真(英語で話題づくりをするには写真を見ながらの説明が簡単!!)

  • もし持ってこれるならノートパソコン、タブレット、スマホなどのネットがつなげられるもの。なくても市内図書館で使用できる場所はありますが、あればかなり便利。ないとやっぱり不便。また、図書館では無料でワイヤレス使用できます。

  • 日本に関する情報、例えば日本の人口、住んでる街の人口、街の特産物、有名なものとか。話題づくりにはいろんな情報を知っているほうが便利。海外を知る前に日本のこともよく知っておきましょう。

  • 日本食を作る。ニュージーランド人の家庭でホームステイした際や、他国の友人に日本食を披露する機会がでてくると思います。日本食といえば寿司、ここでは寿司といえば”巻き寿司”です。具はサーモン、ツナ、アボガド、照り焼きチキンとちょっと日本とは違いますが、「日本人は寿司が作れる」と思っている方が結構多いんです。しかし、寿司に限らず何でもいいと思います。口に合うか合わないかはまた別の問題ですが。お菓子作りが得意ならレシピを持参するなどいいかもしれません。ちなみにこちらでは巻き寿司のお店がたくさんあります。巻き方を知っていると仕事探しに有利かも!?

  • 英語で簡単に自己紹介しておけるようにしておくといいでしょう。通っていた学部、学科名、勤めていた職種などの英語訳は必須。自己紹介する際に必要となります。「日本で何をしていたの?」「どうしてニュージーランドを選んだの?」という質問は何度もされると思います。どういう勉強をしていたのか、どういう仕事をしていたか、またどうしてニュージーランドを選んだかなど簡単に説明できればいいでしょう。もしご自分で英訳できなければ我が家に来てからアドバイスしますね。

  • 生活力をつけておく。ワーホリでは自分の力で生活をしなければなりません。料理、洗濯、掃除など基本な生活力は身につけてからきましょう。食べるものはちゃんと食べないとすぐに体調崩しますよ!

  • 最後にワーキングホリデーは1年間という短い時間です。ただ海外に住んでいるだけでは英語はぺらぺらにはなりません。絶対英語の上達をさせたい!と考えている方はNZに来る前にはできるだけ自分でできる勉強をしておいたほうがいいでしょう。文法でも単語を覚えるでもいいです。その基礎作りができていると更に有効にワーホリ1年を過ごすことができるでしょう。勉強は日本で、実践はニュージーランドでというつもりで!!

 ニュージーランドでの1年間のワーキングホリデー、31歳の方までに与えられた一生に一回だけのチャンスです!!もちろん「語学力の向上」という大きな目的を持って来る方はたくさんいると思いますが、それだけではなく、ここニュージーランドでしかできない経験、日本ではできない経験を積み、今後の人生のプラスになるような価値観を養って日本へもどって下さいね。いろんな人との出会いを大切にしてください。このチャンスを無駄にしないよう、充分に1年間、楽しんでください。

 ともかくワーホリホームステイを体験した方からの言葉を聞くのが一番、ワーホリホームステイ体験談はこちらをどうぞ